スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災、そして我が家

お久しぶりです。



まずは、今回の地震で被災にあわれたみなさま、

心よりお見舞い申し上げます。


大阪にいても、速報が鳴る度

(あっ、今も鳴りました。岩手県で震度3。)

どきっとします。


神戸の震災の時、

揺れている最中に逃げ道の確保のため、

ベランダの戸を開けようと鍵に手をかけようとしたとき、

揺れのため手が鍵にかからなかった恐怖を思い出します。


頭に浮かんだのは

「縦揺れだ!」

だけでした。

手が縦に、鍵を中心に行ったり来たりしていたからです。


今から思えば見たまんまの感想です。

でも、たったそれだけの見たまんまの姿が

とても怖かったんです。


その後の神戸の姿…

もう、何とも言えませんでした。

まず、余りのことに、ピンとこなかったんです。


そのあとに思ったことは、

「こんなの映画みたいやん。映画じゃなきゃあかんって!!!」



割れたガラスを片付けながら、はっと気がついたのが、

神戸に住む知り合いの安否。


今回同様、すぐに安否確認なんて出来ませんでした。

無事と分かったときは、本当に泣きました。



今回も、とっさに思い浮かんだのは

東北にお住みの まぁーこさんのことでした。

私の作ったアクセサリーを買ってくださったこともあり、

住所と本名を知らせていただいていました。


でも怖くてすぐには調べられませんでした。

無理と分かりつつ、ブログを見るばかり…


翌日やっと、地図を検索しました。



わりあい海に近い…



大体は予想がついていたので、余計に調べたくなかったんだと思います。


グーグルで名前の検索をしたり、色々やりました。


テレビで変わりはてた東北の姿を見ながら、やっぱり


「こんなの映画みたいやん。映画じゃなきゃあかんって!!!」


って思っていました。




14日に まぁーこさんの無事が分かりました。


ご家族も無事とのこと。



ただ、ただ、嬉しかった。  嬉しかった。





今は自分に出来ることを考えて、行動していきたいと思っています。








今の我が家の状況は、


セシルの病院がよいがメイン?になっています。


腎臓と膀胱の結石がなかなか治らず、

腎臓の片方は、なかなか良くなるには時間がかかりそうです。


一時は心臓も肥大していると言われました。


子宮も良い状態ではなく、年内には手術です。


とりあえず先に、腎臓と膀胱をある程度治さないといけないらいです。


でも、本人はとっても元気にしていて、

私たちを安心させてくれています。




そして、今月の15日、

10年近く一緒に暮らした 白文鳥の 海(かい)くんが永眠しました。

その日、しんどいだろうに、私のそばに来ようとばかりして、

「手のひらに乗せて。」と言うんです。



そのときの海の目が忘れられません。


以前、セシルが眼震にかかったときに見せた目(表情)と同じでした。


しんどいはずなのに、

何とも言えない 優しい、暖かい、愛おしいものを見るような目でした。

ほほえんでいるようにさえ見えました。


その日は殆ど、海を手のひらに乗せて過ごしました。


そして、海は私の手のひらで、夫にも見送られて逝きました。



とても美しい、安らかな顔でした。




今はセシルと、残された並文鳥の 空くんのために

精一杯出来ることを考えています。



セシぴー1

セシぴー2


スポンサーサイト

テーマ : うさぎ - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。