スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシルの病院での様子

12日に、うさぎ星さんに紹介していただいた病院に行きました。

開院の10時調度に着いてしまったため、

空席が少し空いている程度の、結構な混み具合でした。

でも、回りの人の話す内容から、その日はまだ混んでいなかった様子。

その日は1時間ほどで診察のお呼びがかかりました。



先生は女性で、とても優しい先生でした。

セシルも全然怖がらずに、平然としていました。

先生と話し込んでいると、散策に出かけようと歩き出すしまつ。

それくらい診察室には、柔らかい雰囲気が漂っていました。


まずセシルの状態としては、細菌か原虫により脳が腫れ、

目眩がし、セシルからすれば、くるくる回っているような状態だそうです。

そうなれば、もちろん気分が悪いとのこと。

ちょうど乗り物酔いのような感じですね。

これが続くのだからたまりません。


セシルは外耳炎にはなっていなかったようで、耳はキレイとのこと。

そして目もキレイとのことだったので一安心。


斜頚には、パスツレラマルトシダなどの細菌の感染により内耳炎になり、

平衡器官を司る神経を侵されてしまった場合と、

エンセファリトゾーンという原虫の一種が感染して起こる

家兎脳灰白炎(かとのうはいはくえん)が原因となるそうです。

どちらも、もともと うさぎさんの中にあって、

どの子も出てくる可能性があるそうです。

それは調べても分からないそうです。

(%が高い低いで、出る出ないが決まらないという意味です。)


症状としては、目が右、右、右、もしくはその逆に揺れます。

そして首を同じ方向に振るようになり、だんだん傾いていきます。

そして、その方向にグルグル回ったり、ころがるようになるそうです。

酷くなると飲食ができなくなります。

視覚が定まらず食べ物を見失う場合と、

気分が悪く、食欲をなくす場合とがあるそうです。


原因としては、温度差が激しくなった場合や、とてつもない驚きや、

落下などの衝撃などによるそうです。

温度の場合は、気をつけていてもなるから、気にしないでど言われました。

「案外、ちゃんと管理していた家の うささんの方がなるわよ~。」と言ってくださいました。

これは うさぎ星さんでも言われました。

ちょっと、ほっとしました~。68



この日は、採血をし、まず原因を調べましょうということで、

セシルは右手から採血をしました。

「大人しいから耳でもいけるかも~。」と言われましたが、

耳から撮ろうとしたら、けっこう暴れたようです。

明日、木曜日には検査結果の連絡があると思います。


次の日(13日の火曜日)に、白目の一部が黒くなったので連絡をすると、

エンセファリトゾーンの症状なので、薬を飲んでいるし大丈夫と言われたので、

原虫の方かも知れません。


まあ、どちらにしても、最善をつくすまでです。

セシルと一緒にがんばります。




しっかりご飯を食べて、

s-しっかり食べます


しっかり甘えて、

s-甘えたいの


がんばるわ。

s-セシは頑張ります。


皆様の応援、心から感謝しています。

 

明日、木曜日に ぷいぷいちゃんの手術があります。

頑張れぷいぷいちゃん!






ランキングに参加しています。よかったらポチっとお願いします。

ブログ村    人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : うさぎ - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。