スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅が終わって

20080619230105
20080619230103
実は昨日から、厳密には一昨日の晩から
激しい腰痛に見舞われていました。
痛みは現在進行形。
なので、これも携帯からの投稿です。お返事が遅くなってしまっていて、ごめんなさい。

昨日はもっと酷くてホテル、駅、空港で車椅子を借りての行動。
旅程が車と電車の中ばかりの設定だったので助かりました。

それにしても今回の旅行はとっても貴重な体験でした。
改めて車椅子生活の方の大変さを、ほんの少し知りました。

空港でお土産やさんに入りたくても通路が狭くて入れなかっり、視界が低い為におこる不便さ。
何気なく飛んでくる視線…

それと同時に沢山の方の親切に触れることが出来ました。

車椅子を押してくださる、駅員さんや、空港の係員さんの細部にまで行き渡った心遣い気遣いには驚きました。
ほんの少しの揺れにも気を配り、方向を変えたり、ブレーキをかける度に声をかけてくださいました。
驚いたのは、待ち時間が少し有るときは、車椅子を停める向きまで確認してくれました。
空港では、車椅子を借りる段階で、飛行機の座席も一番前に変更してくださり、搭乗前には迎えに来てくださいました。
CAさんも飛行機を降りてからも、ロビーまで付き添ってくださいました。
空港の喫茶店では、椅子をどけて座りやすく成るように、ウエイトレスさんが素早く対応してくださるなど、沢山の方々の優しさに感動しました。

途中から痛みにみまわれましたが、決して最悪の旅行ではなく、最高の旅行だと思っています。

お世話になった方々は勿論のこと、改めて夫にもお礼が言いたいです。
夫は私を支え続け、時にはおぶり、それでもずっと笑顔でいてくれました。
有り難たかったです。

心から感謝を込めて

有難う。

セシルも鳥ちゃんも元気に待っててくれて

有難う。

何気ないことが幸せです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。